ニュース

2015年4月21日 お知らせ

経済産業省「地域経済分析システム(RESAS)」/ 流動人口データを
活用したシステムが公開されました(2015年4月21日)

resas

株式会社Agoop Webサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)及び経済産業省より、当社の流動人口データを活用した「観光マップ」を含む「地域経済分析システム(RESAS(リーサス))」が、本日(2015年4月21日)から提供開始されました。

本システムの「観光マップ」は、流動人口データを用いて地域ごとの観光動態等、人の移動を「見える化」したものです。Web上で一般公開されておりますのでぜひご覧ください。

「地域経済分析システム(RESAS)」

https://resas.go.jp/

※Google Chromeブラウザをご利用下さい。

観光マップは以下の3種類で構成されており、分析内容に合わせた使い方が可能となります。

  • メッシュ分析(流動人口)
  • From-to分析(滞在人口)
  • 滞在人口率

流動人口データを可視化して、地方自治体が地域ごとの観光人口の検証を行い、地方創生を実現することを目的としております。なお、「地域経済分析システム(RESAS)」の詳細につきましては、経済産業省のホームページよりご確認ください。

経済産業省 ニュースリリース

http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150421001/20150421001.html

掲載日時

2015年4月21日

【用途】自治体環境政策立案、自治体間の広域環境連携促進

【機能】滞在人口の集積度合いの把握

resas

本システムにて公開されているデータコンテンツは、分析用データコンテンツとしてご提供しております。

詳しくは、当社ホームページの「メッシュ型流動人口データ」にてご確認ください。

今後とも株式会社AgoopのWebサイトをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。