ニュース

2017年8月9日 お知らせ

長野県塩尻市で行われるPepperを活用したインバウンドデータ収集プロジェクトのシステムを開発

Agoopは、ソフトバンク✖長野県塩尻市✖塩尻市観光協会が連携して行う、ソフトバンクロボティクスの人型ロボットPepperを活用したインバウンドデータ収集プロジェクトにおいて、Pepperへ実装するシステムを開発しました。Pepperは、8月9日(水)より、塩尻市の観光地“奈良井宿”の観光案内所にトライアルとして設置されます。

本プロジェクトは、訪日外国人のアンケート調査を行うために塩尻市の観光地“奈良井宿”の観光案内所にPepperを1台設置し、Pepperがタブレットを活用してヒアリングした出身国や年齢、目的地などについての情報を、インバウンドの観光戦略に活用する取り組みです。今回Agoopは、Pepperがアンケートや写真撮影を行った後にプリンターと連携して写真をパンフレットに印刷するシステムを開発しました。

アンケートに回答いただいた訪日外国人の方には、記念写真付きオリジナル観光パンフレット(英語・中国語・韓国語対応)を無料で提供します。
また、有料(500円)でPepperが撮影した記念撮影写真もご購入いただけます。

・設置日時:2017年8月9日(水) 13:00〜
・設置場所:奈良井宿 観光案内所 (http://www.naraijuku.com/

奈良井宿へお出かけの際は、ぜひPepperのいる観光案内所へ訪れてください。

 

※本プロジェクトはソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、独自に実施しています
※本システムは訪日外国人向けのため日本語に対応しておりません