ニュース

2017年3月3日 プレスリリース

経済産業省「地域経済分析システム(RESAS)」の第2次リリースにあわせて
「まちづくりマップ」機能のメニューに、弊社の流動人口データを提供

「地域経済分析システム(RESAS)」について、総務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、観光庁や民間データホルダーの協力を得て、新たなマップを追加する第2次リリースが2017年2月28日に行なわれました。今回のリリースにあわせて、メニュー構成・名称の見直し等が行われ、この度新たに追加された「まちづくりマップ」機能のメニューとして、弊社の流動人口データを継続提供いたします。

経済産業省及び内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)は、地方自治体による様々な取組を情報面から支援するため、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のビッグデータを集約し可視化するシステム(RESAS)を、平成27年4月より提供しています。

今回追加されました「まちづくりマップ」は、観光振興の目的だけでなく、都市開発などのより大きい枠組みで活用できるメニューの充実化を計るため、新設されました。弊社の流動人口データが使用されている「流動人口メッシュ」は、観光振興の目的以外にも活用が可能のため、「観光マップ」から新設される「まちづくりマップ」に再配置されます。

「流動人口メッシュ」は、弊社のメッシュ型流動人口データから作成され、月別・時間別で実態に近い動的な人口を調査し、人気スポットを把握することが可能です。また、過密地域から周辺地域へ、いかに誘導するかまちづくりの戦略に活用することも可能です。
Web上で一般公開されておりますのでぜひご覧ください。

resas

「地域経済分析システム(RESAS)」

https://resas.go.jp/

※Google Chromeブラウザをご利用下さい。

・流動人口データのお問い合わせはこちら
 ※地域経済分析システム(RESAS)全般に関しては、こちらのページのお問い合わせ先をご参照ください。