株式会社Agoop
 

SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)は、豊かで活力ある未来をつくるため17の目標・169のターゲットを定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取り組みです。

当社はSDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、強みであるテクノロジーの力をベースとした事業活動を通じて、国際社会が追求する課題の解決に貢献することで、企業価値の向上と持続的な社会の実現に取り組みます。

Agoopが考えるSDGs

ソフトバンクの経営理念である「情報革命で人々幸せに」の下、グループ会社である当社は「社会や人々を幸せにする『仕掛け』をつくる。」というビジョンを掲げています。技術と挑戦を通じて、世界に新しい価値を想像する企業として、社員一丸となって取り組むことで、社会や人々の課題を解決してSDGsが目指す持続可能な社会の実現に一層貢献していきます。

社会が抱えるさまざまな課題の中から、当社が優先的に取り組むべき社会課題を四つのマテリアリティとして策定し、SDGsの17の目標を関連付けています。

Agoop's Actions for SDGs

年々深刻化している気候変動への対応は最も重要な社会課題の一つであり、将来世代の安心・安全な生活が脅かされています。そのような状況の中、誰もが無関係ではなく、個人も企業も迅速かつ積極的な対応が求められています。当社は企業や地域との共創を通じて一人一人が協力する「仕掛け」をつくり、安心して暮らせる持続可能な社会の実現のため、CO2の排出量削減に向けて取り組んでいきます。

人流データを活用した公共交通の見直し

公共交通が整備されていない地方都市や観光エリアでは、観光客のレンタカーやマイカー通勤による渋滞の発生が課題となっています。慢性的な渋滞の発生はCO2の排出量増加につながるため、CO2の排出量削減にはマイカーのEV化や、マイカーに頼ることのない移動しやすい環境の整備が必要となります。

当社は、CO2の排出量削減に向けた移動手段の見直しを検討するため、通勤・通学の移動状況について人流データを活用し、エビデンスに基づいた改善施策の立案を支援をしていきます。人流データを指標に改善を検討していくことで、データを基に地域や企業が協力して移動手段の振り替えや時差出勤を促し、人々が安心・安全に生活できるよう貢献していきます。


 

カーボンニュートラルとは

「カーボンニュートラル」とは、人間活動によって排出される温室効果ガスを、人間活動によって吸収・除去することで、排出量を“プラスマイナスゼロ”にすることを意味します。気候変動が世界全体の課題となっている中、日本政府が2050年までの実現を宣言しています。「温室効果ガス」の削減は、国や自治体だけでなく、企業や個人でも考えていくべきトピックです。「カーボンニュートラル」は世界の企業が注目し、取り組みを開始しています。
 

お問い合わせ
お問い合わせ