ニュース

2017年6月29日 プレスリリース

世界のさまざまな場所の混雑状況を確認できるスマホアプリ「混雑マップ」を6月29日より提供開始

ソフトバンクグループで位置情報を用いたビッグデータ事業を行う株式会社Agoop(アグープ、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:柴山 和久)は、世界のさまざまな場所の混雑状況を簡単に確認できるスマートフォン向けアプリケーション「混雑マップ」を、2017年6月29日より提供開始します。

「混雑マップ」は、世界のさまざまな場所の混雑状況を地図上で簡単に確認できるスマートフォン向けアプリケーションで、まずはAndroidTM 搭載スマートフォン向けに無料で提供します。混雑状況は、スマートフォンのアプリケーションから取得した位置情報データを独自の技術で解析した「流動人口データ」を基にしたもので、20分前までの混雑状況を地図上にヒートマップで表示し、人が多く集まっている場所を簡単に把握することができます。また、過去6日間の混雑状況や翌日午前6時までの混雑予測を確認することが可能なため、例えば花火大会などのイベントで混雑している場所の確認や、国内外の初めて行く観光地で人気スポットの検索などに活用できます。なお、7月中旬以降にはiPhone向けアプリケーションを提供する予定です。

■「混雑マップ」概要

1.主な特長
・20分前の混雑状況を地図上にヒートマップで表示
・過去6日間の混雑状況を動画やグラフで表示
・過去の混雑状況のデータを基に、翌日午前6時までの混雑を予測
・混雑状況を簡単にTwitterに投稿可能

2.対応機種
Android 4.03以上を搭載するスマートフォン

3.利用料
無料

4.提供開始日
2017年6月29日

5.利用方法
Google Play(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.agoop.crowdmap&hl=ja)からダウンロード

6.利用画面のイメージ

メイン画像
混雑状況をヒートマップで表示
  
  
過去
過去の状況をグラフで表示
  
  
未来
翌日午前6時までの予測を表示

 
 
・AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
・Twitterはアメリカ合衆国また他国々におけるTwitter, Inc.の登録商標です。
・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。