ニュース

2017年9月29日 プレスリリース

Agoopの流動人口データ・POIデータと地図システムを組み合わせたパッケージソリューション「AGPackage」を販売開始  ~Agoopのデータを活用した高い精度の商圏分析が可能に~

ソフトバンクグループで位置情報を用いたビッグデータ事業を行う株式会社Agoop(アグープ、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:柴山 和久)は、 技研商事インターナショナル(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:小嶌 智海、以下GSI)と連携し、 GSIのクラウド型地図システム「MarketAnalyzer(TM) Cloud 」にAgoopのメッシュ型流動人口データとPOIデータを搭載した「AGPackage(アグパッケージ) - Marketing Specialist powered by MarketAnalyzer(TM) Cloud(以下AGPackage)」を2017年9月29日より販売開始します。

今回、商圏分析に特化したGSIのクラウド型地図システムに、Agoopが持つ、スマートフォンのアプリケーションから取得した位置情報を活用し月別・時間帯別の人の滞留をメッシュ単位で可視化する「メッシュ型流動人口データ」と、 3カ月ごとに更新する鮮度の高い「POIデータ(電話番号・郵便番号・緯度経度情報を含んだ全国の店舗・施設ポイントデータ)」 を搭載することで、「新規出店」や「既存店分析」などの商圏分析をより高い精度で行えるようになります。

AgoopGSI

■「AGPackage」の活用例

・新規出店時の商圏調査にメッシュ型流動人口データの時間帯分布を活用

Agoopのメッシュ型流動人口データは、時間別や平日・休日別に人の滞留を把握できるため、人の多いエリアを時間・曜日ごとに調査して、 新規出店時の場所選定に活用することができます。
また、100m・250m・500mの3種類のメッシュでデータを活用でき、より細かい分析が可能です。


example1

<時間別メッシュ型流動人口データ>

 
 
example2

<メッシュ型流動人口データと時間別推移グラフ>

・売上とメッシュ型流動人口データを組み合わせて既存店舗の商圏を分析

example4

<既存店舗のポイントマトリクス>

  
  

チェーン企業における既存店舗の売上情報をリスト化し、Agoopのメッシュ型流動人口データと照らし合わせることで、売上や人の滞留の多い順にランキングして、比較することができます。
そのリストを用いて、例えばランチタイムの売上と流動人口を軸にしたポイントマトリクスを作成すると、ランチタイムに人の滞留が多いにもかかわらず売上が低迷している店舗などを見つけ出すことができます。

■「AGPackage」の利用料

年間80万円(税別)から
 ※年単位の契約となります。また、初年度のみ初期費用45万円が必要です。

■「AGPackage」の購入・お問い合わせ窓口

https://www.agoop.co.jp/contact/

 
 
・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。